「許容度」あるいは「お互いさま」という幼稚園児

まして「気持ちが」どうこうなどと。すさまじい幼児退行ぶりに呆れるほかない。

これがもし、

「清潔に努めているのだが、持って生まれた体質に伴うにおい。」

「伝統的・文化的な衣食住に伴う材料等に伴うにおい。」

であれば、文化に対する許容やお互いさま、ということもあるだろう。しかしここで書かれいてるのは、

「アタシのステキなニオイを無差別拡散希望

というジコチュー傲慢な行為の結果だ。週末に観光地などに出没する

「オレのバイクの音スゲーイイネ!!!」

というゲロDQN連中と、発想の根底は同じだ。ただ、DQNバイクと違って交通上の被害はもたらさないし、迷惑拡散希望エリアもずっと小さい、というだけだ。

DQNジコチュークソ野郎/女のゴーマンな悪質さに対し、許容度も何もない。まして、体臭をごまかすために香水を使う文化など無い日本だ。そもそも、ニオイ対策にあってさえ、別のカオリを混入するでなくニオイそのものを吸収することが好まれるこの日本。

 アタシのステキな香りは周囲ガン無視拡散希望!!!

メイクの厚さは、かるく3mmは越えるに違いない。

ニオイに限らず食べ物でも同じこと。趣向性が高い/個人差がはげしいと分かり切ったものを「わざわざ他人に押し付けよう」という発想そのものが、傲慢も幼児退行極まりない。

ここで、他の例を交えて別の面からも書いておくが。

タバコが酷く嫌われるのは、TPO無視で排煙を巻き散らかすDQNがいるからであって、タバコそのものの「趣味性」ではない。

同様に、たとえそれが人口香料の合成的な臭いであっても、カオリを楽しみたいという「趣味性」そのものは、他人にとやかく言われるところではない。「無差別にまき散らかすこと」が、ほんの半世紀前まで市街地で/トイレ以外で放尿しまくっていた日本人のジョーシキと同レベルということだ。

■お隣さんの柔軟剤のニオイが辛い…「香害110番」に“通報”相次ぐ、健康被害も…メーカーも使用マナー啓発

(産経新聞 - 08月24日 15:32)

仮面ライダーカイザギアが第17弾として

仮面ライダーカイザギアが第17弾として登場!ティザーページムービーブログが本日公開!電撃ホビーウェブ

ポッピーの死に動揺する神は、もともと命

ポッピーの死に動揺する神は、もともと命を軽んじてる人ではなかったんだな。この人にとって人間の命もバグスターの命も同じだというだけなんだろな。

人間ドック

去年の5月末

体重を測ったら79.8kgだった

こりゃやべぇ、シャレにならない大台だと思い

ダイエットを決意

食べる量はそのままで、運動で消化する方法にした

さすがにいきなりジョギングはキツかったので

一回に約10キロ歩くのをを週3日続けた

それでも、しばらくは足に負担がかかり、

ビッコをひくほど痛くなることもあった

ひと月約1kgのペースを目標にした

2016年8月⇒75kg

そこからしばらく停滞した

2016月12月⇒73kg

2月くらいまで停滞が続き

月イチに合うモアイ仲間に

「運動ダイエットしてるんだ」と言っても、

全体をいちべつしたあと「どこが?」と聞かれるくらい、ゆっくり体重が落ちていった

季節がだんだん暖かくなるにつれ

そして、すこしは走ることが可能になったのと

思春期の我が子も、食生活の改善と、運動消化の体作りに目覚めた為

家でもバランスの良い食事をするようになったのも相まって

どんどん体重が落ちていき

モアイ仲間どころか、職場の人にも

「痩せた?」はたまた

「やつれた?」「頬のこけかたが異常」とまで言われるようになった

そして本日の人間ドック

体重は61.4kg本当は50キロ台を目指してたんですが

まぁ上出来かと

血液とか肝機能とかの数値も下がって

健康相談員の人に、めっちゃ誉められました

よし、最終目標の50kg(高校の部活動全盛期の体重)まで、あと約10kg頑張ってみます

でも、今日それを健康相談員に言ったら

「高校当時とは体力も違うので無理に目指そうとしないほうが良いのでは?むしろBMIで言うと今くらいが一番良いかも」とアドバイスを受けました

うん、でももう少し頑張ってみます

広告を非表示にする

無限のレインボーロードの様にロードトゥーシンフォニア☆

マリオカート レインボーロードBGM集  マリオカート7まで (00:28:23) #sm16346290

【イギリス】 斜陽の英国海軍、唯一の空母を売却へ 2023年まで海軍戦闘機ゼロ? 栄光の艦隊はどこへいく[08/17] [無断転載禁止](c)2ch.net

【イギリス】 斜陽の英国海軍、唯一の空母を売却へ 2023年まで海軍戦闘機ゼロ? 栄光の艦隊はどこへいく[08/17] [無断転載禁止](c)2ch.net

http://egg.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1502933644/

2017.8.17 07:00

【メガプレミアム】

斜陽の英国海軍、唯一の空母を売却へ 2023年まで海軍戦闘機ゼロ? 栄光の艦

隊はどこへいく

(1/5ページ)

かつて英国海軍の空母で運用されていたホーカー・シーホーク艦上戦闘機(手前)と

フェアリー・ガネットAEW.3艦上早期警戒機(2002年10月、岡田敏彦撮

影)

http://www.sankei.com/west/news/170817/wst1708170002-n1.html?view=pc

http://jump.2ch.net/?http://www.sankei.com/west/news/170817/wst1708170002-n

1.html?view=pc

 かつて世界の7つの海を支配した英国海軍が、限界を超えた予算不足にあえいでい

る。英国経済の不振によって防衛予算の削減が続き、ついに海軍旗艦の揚陸ヘリ空母

「HMSオーシャン」をブラジルへ売却する動きが本格化しているというのだ。売却

が実現した場合、空母が1隻もない状態での任務を強いられることに。斜陽の英国海

軍は、歴史上最も困難な時を迎えつつある。(岡田敏彦)

英国海軍の旗艦が…

 売却話が進むHMSオーシャンは、揚陸作戦を行えるヘリコプター搭載空母として

1994年に起工、98年に就役した。2014年に6千500ポンド(約91億

円)をかけてメンテナンスや設備の更新(大規模修理)を行い、最新の同種艦艇と比

べても遜色のない性能を持っている。

 ヘリコプターなら最大18機、垂直離着陸機(VTOL)では同15機の輸送が可

能なうえ、上陸用舟艇4隻を運用できる性能がある。船体の規模は全長約203メー

トル、全幅約35メートル、約2万2500トンと、海上自衛隊の新型護衛艦「ひゅ

うが型」(全長197メートル、全幅33メートル、約1万9千トン)とほぼ同規模

だ。

また、類似の役割をもつ輸送艦おおすみ型」(全長178メートル、1万4千ト

ン)より大きく、その内部には銀行や警察、各種店舗にトレーニングジムやパブまで

備えている。

 「英国海軍最大の艦艇で、唯一の空母」(英海軍)のオーシャンだが、ブラジル海

軍へ売却される計画が進んでいると4月にブラジルメディアが報道し、英国最大の発

行部数を誇る大衆紙サンなども同様の記事を掲載。

英軍事情報サイト「UKディフェンスジャーナル」は、8千30万ポンド(約110

億円)での売却が決まり分割払いなど支払い方法について協議中と伝えた。

http://www.sankei.com/west/news/170817/wst1708170002-n2.html

http://jump.2ch.net/?http://www.sankei.com/west/news/170817/wst1708170002-n

2.html

http://www.sankei.com/west/news/170817/wst1708170002-n3.html

http://jump.2ch.net/?http://www.sankei.com/west/news/170817/wst1708170002-n

3.html

http://www.sankei.com/west/news/170817/wst1708170002-n4.html

http://jump.2ch.net/?http://www.sankei.com/west/news/170817/wst1708170002-n

4.html

http://www.sankei.com/west/news/170817/wst1708170002-n5.html

http://jump.2ch.net/?http://www.sankei.com/west/news/170817/wst1708170002-n

5.html

葬儀までの一週間

母の葬儀は、亡くなってから一週間後だった。

うちの仕事の都合もあったが、一番の理由は鹿児島にいる姪、アヤちゃんの希望である。

妹の娘、アヤちゃんは施設に入っている父方のおばあちゃんのお世話をするため、二年前に鹿児島に移った。

あちらで仕事をしながら、祖父母が住んでいた家や貸している不動産の管理をしている。

実は6年前、おじいちゃんが亡くなった当時、千葉の大学近くで下宿していたアヤちゃんは葬儀に出ることができなかったのである。

なぜならその日は東日本大震災が起きた日だから。

飛行機は飛ばないし、東京近辺の交通機関はしばらくの間マヒ状態。

なので、今回のおばあちゃんの葬儀には

どうしても出たい、

というのがアヤちゃんの願いだった。

母が亡くなる2週間前には、うちの次男の結婚式でこちらに来たばかりなのに、本当にご苦労様である。

葬儀までの一週間、母はセレモニーホールに安置させてもらっていた。

典礼の強力プッシュにより「エンバーミング」処置をしたため、とってもきれいな状態で寝かせてもらっていた。

エアコンをガンガンに効かせたお部屋には、ずっとお線香が焚かれているが、スタッフが24時間常駐しているので、家族がついていなくても大丈夫。

直前までうちの会社は通常営業していたので、毎晩夕飯後にお線香をあげに行き、後はお任せで帰って来られる。

なんて楽なの

嫁に来てから、我が家ではこれまでに二回葬式を出している。

どちらも自宅葬である。

34年前の冬。

私は妊娠9か月の大きなお腹だったが、葬儀までの数日、大勢の親戚が我が家に泊まってくれていた。

多分20人以上。

嫁の仕事はごはん作りなので、もうてんてこ舞い。

23年前の真夏。

連日の猛暑でドライアイスを買っても買っても足りない。

この時も葬儀まで3日くらい日にちがあいたのだが、親戚多数が泊まり込んでくれて台所はおおわらわ。

三男はまだ1歳半と手がかかる時期なので、生きてるこちらが死ぬんじゃないか、と思うくらいハード。

思わず調剤薬局に駆け込み

「なんでもいいから元気が出るヤツ下さい!」

と言ってドリンク剤を購入した。

その記憶を思い起こすと、セレモニーホールの存在はありがたすぎる。

今回お借りした家族葬用のホールには、10畳の座敷とトイレ・バスがつき、布団やねまき、アメニティセットも用意されている。斜め向かいはコンビニだし。

今回はお通夜なしの一日葬だったのだが、葬儀前日は妹一家と我が家で遅くまでそこで過ごし、結局宿泊したのは妹とアヤちゃん。

日々入眠に苦労する私は、パスさせてもらった。

ちなみに、妹は

「息を吸って吐いたとたんにもう寝ている」

と旦那さんの太鼓判つきの眠り姫である。

暑いさ中の長丁場、なんとか乗り切れたのは、

ひたすら充実設備のセレモニーホールのお陰

である。

広告を非表示にする