畜生にも劣る

この時期が来ると、毎年車内に子供を放置して熱中症で死亡

させる記事をよく見かける。

今日は、家に放置していて死なせた記事が出ていた。

放置するなんて、人間だけじゃないか。

パンダのお母さんを見習ってほしい。

飲まず食わず、眠らずで世話するんだよ。

小さい子と離れて平気な心理は、何だろうか。

若いから、遊びたいからというが、私は年齢は関係ないと思

う。

若くても、しっかりした子はしっかりしている。

今日の記事の親だって、父親は36歳だという。

やっぱり中身だ。

親になれない人は、いくつになっても同じだ。

こうしたらどうなるという、危険や予防の認識も知識も

なさすぎる。

これだけ毎年、ニュースで報道されているのに。

こんな親の元に生まれてきた命がかわいそうだ。

過失致死なんかではない。

十分危険とわかってての行為なんだから、殺人に等しい。

厳重に処罰して欲しい。

サルでもゾウでも、集団で子育てをする。

移動する時は、小さい子を真ん中にはさんで移動する。

畜生でも、それくらいの知恵はある。

仏法では、人として生まれるのは爪の上の土と説く。

奇跡のような確率なのだ。

それなのに、人として生まれた尊い使命を奪った親は、畜生

にも劣る。

せめて、預かってくれるところを探すくらいの知恵はなかっ

たのか。

危機意識のなさすぎる人が親になってはいけない。

広告を非表示にする